Home > グループ概要 > リーダーシップ

プロモントリー・フィナンシャル・グループは、常に世界の最先端に位置します

当社の主要メンバーは、金融監督当局、中央銀行、主要な金融資本市場および金融機関のリーダーを歴任した、 経験・知識・洞察力および国際的なネットワークを有する金融のスペシャリストです。
世界の主要地域において、各種金融専門知識に優れかつ幅広く信頼を勝ち得ている専門家集団を擁しています。

  • 主要メンバー

    ユージーン・ラドウィグ (Eugene A. Ludwig) Founder およびCEO
    元米国通貨監督庁 (OCC) 長官、元バンカーズ・トラストおよびドイツ銀行副会長
    アラン・ブラインダー(Alan S. Blinder) Co-Founder および上級顧問
    元米国連邦準備制度理事会 (FRB) 副議長、現プリンストン大学経済学部長
    アーサー・レヴィット(Arthur Levitt) 上級顧問
    元米国証券取引委員会 (SEC) 委員長、元米国証券取引所会長
    カラム・マッカーシー(Sir Callum McCarthy) 上級顧問
    前英国金融サービス機構(FSA) 委員長
    白川方明(Masaaki Shirakawa) 上級顧問
    元日本銀行総裁
    タリサ・ワタナケート(Tarisa Watanagase) 上級顧問
    元タイ中央銀行総裁
  • 他のメンバーが高官を務めた監督当局

    ・バーゼル銀行監督委員会
    ・米国財務省
    ・米国連邦準備制度
    ・米国通貨監督庁
    ・米国証券取引委員会
    ・米国連邦預金保険公社
    ・ニューヨーク連邦準備銀行
    ・ニューヨーク州立銀行
    ・米国商品先物取引委員会
    ・米国連邦金融機関審査委員会
    ・米国国家経済会議
    ・米国行政管理予算庁
    ・米国上院銀行委員会
    ・アメリカ証券取引所
    ・全米証券業協会(NASD)
    ・EU 保険協会
    ・イングランド銀行
    ・英国金融サービス機構(FSA)
    APRA(オーストラリア)
    ・フランス銀行
    ・イタリア銀行
    ・カナダ銀行
    ・レバノン金融庁
    ・中国銀行監督委員会
    ・日本国内閣情報室
    ・財務省
    ・経済産業省
    ・金融庁
    ・警察庁
    ・日本銀行

「ワシントンDC を本拠地とするプロモントリー・フィナンシャル・グループは、「銀行を診察する医師団」というべき会社だ。 多くの金融機関が、M & A(合併・買収)からバーゼルI I(新しい自己資本比率規制)に亘るすべてに関して、専門的な戦略や助言を得るためにプロモントリーを求める。 プロモントリーは、ありとあらゆる状況下にある多くの銀行を診察してきた経験から、通常考慮されない項目についても、クライアントに代わって検討・評価査定し具体的解決策を提案することができる」
(Euromoney Magazine)