Home > セクター > 保険

保険

再保険を含むあらゆるタイプの保険業者は、幅広い範囲の様々な経済の、規制の、あるいは市場に関係する変化によりこれまでにない試練に直面しています。最近の出来事は、巨額の資産や災害損失、利益の薄いプライシング、そして準備金の課題をもたらしました。

ソルベンシーⅡの体制は、ヨーロッパにおいて前進を続けており、世界的に健全な保険の規制は、よりリスクベースになってきています。これは、企業固有のリスクプロファイルとそれに対する資本配分量の間のよりよいバランスを求めるものです。規制当局は、包括的なコーポレートガバナンスとディスクロージャーのプラクティスを重視するようになってきています。保険にかけられたリスクの完全な理解と健全な管理は、保険ポートフォリオの管理を成功させるために不可欠です。

業界内外の競争の激化に加え政策のプライシングのプレッシャーが続くことにより、全世界的に保険会社のビジネスモデルと競争力にとってこうした変化は深い意味を持っています。結果として、保険会社はそのビジネスモデル、コンプライアンス、ガバナンスおよびリスク管理の戦略の関連性をダイナミックで複雑な環境との文脈で常に検証する必要があります。

世界的には、多くの保険会社がその基本戦略を変更し、伝統的な基盤の拡大の追求、あるいはあらたな商品の分野への参入により顧客基盤に対して常に拡大を続ける価値を加える努力をしています。

規制当局はより包括的な保険の活動の理解をいっそう進めようとする世界的な傾向があります。この規制当局の追求のレベルが上がっていくことは、保険業界においては今後しばらくは変わらない条件となるでしょう。こうした追求に対応し、規制上の課題を競争力の優位性に転じることができる能力が価値創造の鍵となります。これには、規制動向の理解、その社内および競争相手へのインパクトの予想、対応する戦略の策定、そして具体的行動が求められます。

プロモントリーは、実務知識と規制上の英知をバランスさせます。プロモントリーは、規制の枠組みの設計と実行を統括してきたCEIOP(現在のEIOPA)や英国FSAといった国内および国際的監督当局の元上級幹部や保険実務の深い経験を有する業界の元経営幹部を含む強力な専門家の国際的なチームにより保険会社を支援します。このような能力の高い公的セクターと民間セクターのエキスパートにプロモントリーが他の金融業界で得てきた専門的経験が組み合わさることにより、保険会社に対し、規制の期待を予想し、複雑な問題を解決に導くことを支援することができるのです。

プロモントリーは、幅広い範囲にわたる支援を行います:

  • 規制関係のアドバイスとコンプライアンス
    • 国内および国際的なレベルにおける規制に係る情報と市場動向の提供
    • 変化する規制の期待に応えるための規制およびコンプライアンスへの対応
    • ソルベンシーⅡないしそれと同等の規制への備え(トレーニング、ガバナンスの設計、内部モデル事前申請のサポート、およびモデルの効果についての第三者による検証等を含む)
    • 効果的なコンプライアンスの枠組みと機能の策定とその実施の支援
  • ビジネス戦略
    • 今後の金融および規制の問題に関する戦略的アドバイスの提供
    • 策定、分析、テストおよび実施
    • 引受および再保険戦略
    • プライシングと準備金の方法論
  • M&A戦略
  • ガバナンスおよびリスク管理
    • ガバナンスの枠組みおよび取締役会の監督・意思決定プロセス
    • 企業のポリシーの検証
    • リスク管理と内部統制の効率性の改善
    • データ関係のプロセスと品質管理・リスク計測の方法論の強化