Home > 専門分野 > クレジット・アドバイザリー・サービス

クレジット・アドバイザリー・サービス

信用リスクは、金融機関にとって、常に最大のリスクであり、同時にリスク管理上の重要な課題でもあります。規制当局と金融機関の取締役会の双方は、信用ポートフォリオ情報、リスク管理情報、自己資本比率、ガバナンス構造に関して、適時適切にモニタリングすることによって、与信方針の遵守や与信実務の適切性を確保し、現状の組織における信用リスク管理態勢の頑健性・健全性を向上させようとしています。

与信ビジネスは、適切に運営されれば一国の経済、地域経済に恩恵をもたらし、ストレス下の経済環境にあってもリスクに応じたリターンを得ることができます。しかし、金融機関が競争の激化に直面することによって、もしくは、ビジネスが好調なことによって、信用リスクに関するリスク・カルチャー、信用リスク管理プログラム、方針、実務を軽視すれば、その結果として、景気の下降局面における影響は金融機関にとって致命的なものとなる可能性があります。

プロモントリーでは、戦略目標およびビジネスチャンスに整合的な信用リスク管理の高度化を検討中の場合であっても、もしくは、規制上の要請によって、信用リスクの削減やその管理態勢上の課題に取り組んでいる場合でも、信用リスク・プログラムや与信ビジネスの適切性の評価に関するサービスを提供しています。

プロモントリーのクレジット・アドバイザリー・サービスは、信用関連業務およびその規制に関するリーダーとしての経験を兼ね備えた、信用リスクに関する専門家を擁しています。スタッフは規制当局出身者、元政策立案者、信用リスク管理の経験豊富なプロフェッショナル等から構成され、業界実務および規制要件に関する知識を備えています。そのためプロモントリーはお客様に対し、信用リスク管理業務や関連する規制事項に関する助言やサポートを行うことが可能です。

当社は、大きく分けて以下の2つの分野において専門的な信用サービスを提供しています。

  • 信用リスク管理態勢
  • 信用リスクの検証

【具体的なサポート例】

  • 不良債権処理、回収業務の有効性の評価を実施しました。この評価では、組織体制人員配置の十分性(人数および専門知識)、不良債権の状況に関する報告・見通し、不良債権処理計画の妥当性(削減策等)の検討等が行われました。その結果、ガバナンスや報告の枠組みが整理されただけでなく、不良債権処理に対する戦略も改善され、より能動的な戦略となりました。
  • 様々な金融機関に対し、当局による規制措置への対応に際し、また新たな規制当局による監督に備える目的で、信用リスク管理の評価を実施しました。こうした評価は、企業風土・文化、ガバナンス、組織体制・人事、リスク管理(計測、モニタリング、報告等)、独立した信用リスク検証や監査機能の運営や有効性等、多岐に渡ります。これらの金融機関の取締役会には規制要件や業界水準とのギャップが報告され、認識された問題点の改善を図るためのアクション・プランが策定されました。