Home > 専門分野 > コンプライアンスとは

コンプライアンスとは

コンプライアンスは、金融機関が直面する最も大きなリスクのひとつです。プロモントリーにおいて、グローバルなコンプライアンスリスク・マネジメントは注力事項の中でも中核をなすものであり、次のような業務を行っています。

  • コンプライアンス・プログラムの設計、実施、テストおよび見直し
  • コンプライアンス・リスク・ガバナンス
  • コンプライアンスに係る方針および手続の策定
  • コンプライアンス遵守義務に関する情報収集
  • コンプライアンス・リスクの評価方法およびシステム
  • コンプライアンス・モニタリング・プログラムおよびシステム
  • コンプライアンス・リスクの役員・上級経営陣向け報告書パッケージ
  • コンプライアンスに関する人材プラン
  • コンプライアンススタッフの臨時派遣
  • コンプライアンス・リスク管理目標を反映した役員報酬体系の策定
  • コンプライアンス違反時の調査および改善
  • コンプライアンス研修の企画および実施
    • 役員研修、従業員研修(全般、階層別、テーマ別)、スペシャリスト研修

一般的なコンプライアンスに加えて、以下の分野については特に専門的な助言を行っています。

  • マネーローンダリング対策(犯罪収益移転防止法、制裁、反社会的勢力対応を含む)
  • 汚職・贈収賄等腐敗防止
  • 情報管理
  • 有価証券、先物、店頭デリバティブ

当社の主要メンバーは、規制当局や企業の幹部職としての長いキャリアの中で、コンプライアンス・システムの策定・運営、および規制の立案や実施に携わってきました。 当社の助言は、変化し続ける規制要件に関する高度な知見に基づいており、コンプライアンス・オフィサーが現在および今後の環境において直面する、業務上の、そして構造上の課題に十分に配慮したものです。

プロモントリーはコンプライアンスに関して、銀行、保険会社、証券会社、インベストメントバンク、投資顧問会社、ヘッジファンド、その他金融サービス、そして政府系機関からご依頼を頂いています。