Home > 専門分野 > 市場リスク管理

市場リスク管理

世界の金融資本市場が激しく変動する昨今、市場リスクやカウンターパーティ・リスクに対し、金融機関はますます関心を高めています。

市場リスクは、例えば、銀行が短期の資金を調達して長期の資金を融資する際の金利リスク、多くの保険商品やファンド商品に内在する流動性リスク、クレジット・デリバティブやコモディティ等の複雑な取引に内在する複合リスク、または、非上場投資等の市場流動性リスク等多岐にわたります。また、多くの場合、市場関連の取引はカウンターパーティーのデフォルトリスクを伴います。こうした分野において、多くの金融機関では日々進化する業界のベストプラクティスや規制の期待要件への対応に迫られています。

プロモントリーの強みは、市場リスクおよびカウンターパーティ・リスクに対して、どういったリスク管理がベストプラクティスであるのかを把握していることや、監督当局の期待要件を熟知している点にあります。

プロモントリーは、バランスシート管理業務(資金調達、流動性、金利リスク管理、証券化)および各種トレーディング業務(金利、為替、債券、株式、コモディティ、現物商品、デリバティブ商品)に関するリスクの計測・管理のための枠組みを設計し、高い成果を上げてきました。

プロモントリーのサービスには、戦略の検証および検討、新規商品導入の枠組みの策定、ガバナンスおよびコントロールの妥当性の評価(リスク限度の枠組み等)、取引に内在するオペレーショナル・リスクの検証、方針および手続の策定、ストレステスト、担保管理および担保余力の検証、バーゼルIIIおよびその他規制要件の遵守、時価評価方法およびリスクモデリング手法(市場VaRやストレスVaR等)の検討などがあります。

現状の市場リスク管理と規制・監督当局の期待要件とを照らし合わせたギャップ分析を実施しており、お客様のリスク管理の高度化に大きく貢献しています。また、認識された問題の効果的な改善策の提示によって、金融サービス業界における構造的な変化に対応、また、変化を予測しつつ、無駄な規制資本や資金の支払いを抑制するサポートを実施しています。

【具体的なサポート例】

  • トレーディング・ポートフォリオの規制改革を、同行の既存の市場リスク管理の枠組みに統合する支援を行いました。
  • 市場リスク管理の枠組みとリスク測定手法を規制当局の期待・規制要件に照らし合わせて検証し、ギャップを特定するとともに、その解消に向けたアクションを提案しました。