Home > グループ概要

プロモントリーのご紹介

プロモントリー・フィナンシャル・グループは、金融サービス業界やグローバルにビジネスを展開する企業に対し、経営戦略の遂行、リスク管理の高度化、そしてコンプライアンスの強化をアドバイスするコンサルティング会社です。 プロモントリーはIBMグループの一社として、お客様が直面する規制対応やリスク管理、そして経営戦略上の重要な問題に対し、その解決を支援する高い能力を有しています。

米国や日本を始めグローバルに活動するプロモントリーの専門家達は、金融規制を作成し実行に移す主要国の監督当局のリーダー、或いはフォーチュン100企業等で経営陣としての長い経験を持つ者ばかりです。 こうした専門家達は、その比類のないリスク管理や規制上の経験と洞察に基づき、金融機関やグローバル企業に対し、業界のベストプラクティスや当局/社会の期待に照らし合わせながら、直面するリスク環境の中で経営戦略をスムースに実行することを支援します。

プロモントリーは、2001年に元米国通貨監督官のEugene A. Ludwigによって設立され、2016年にIBMの完全子会社となりました。 IBMのグローバルネットワーキングを活用することで、銀行、証券、商品、金融商品、市場、保険における、広く世界を見渡したクロスボーダーやエマージング諸国の問題に対しても、プロモントリーは積極的にアドバイスを行っています。